住宅を建てるときに失敗したくない土地選びのポイント!

土地の相場を知っておこう!

まず土地を探すときには不動産会社へ行き良い土地がないか聞くかと思います。しかし自分の希望に近い土地環境を探すためには事前に予算や地域、家のプランニングなどを考えて置き不動産会社へ伝えることが大切です。そして、土地の相場ですが基本的には「公示価格」と「路線価」というものがあります。公示価格は年に1回国土交通省から発表される土地の評価額です。役所の工報に掲載されていることもありますが国土交通省のホームページで確認することもできます。次に路線価ですがこれは相続税などの課税のだめに道路ごとに国税庁が指定した土地の単価のことをいいます。路線価は一本道路を挟んだだけでも価格が変わります。

家周辺の環境や方角を知ろう!

自分たちの理想のライフプランによって住みよい街は変わってきます。スーパーが少し遠くても閑静な住宅街に住みたいのか、学校や病院などの施設が近所にあるほうがよいのか、事前に地域の習慣や特徴を調べておく必要があります。また、昼間に見学に行くと静かでも夜に行くと騒音がひどかったり街灯が少ないなど時間帯によっても見えてくるものは変わってきます。そして、気に入った土地があっても日当たりや風通しが悪いと光熱費も高くなる傾向があります。

トラブルを避けるために知っておくべきこと!

地域ごとに都市計画法という法律に基づいて定められた都市計画があり、道路整備や都市整備などをおこなっています。都市環境も整備や工事を行っている地域では一般の家を建てることができないこともあります。また、建てたい住宅の面積と土地の面積をきちんと計算しておかなければ設計と合わずに一から設計図を作り直さなければならないといことにもなりかねません。自治体によって都市計画の内容は違うので事前にホームページなどを確認しておきましょう。

注文住宅を依頼する時には、多くの会社で見積もりなどを取り比較をすると満足できるマイホームを建てる事ができます。