審査にも響く?賃貸契約をする際に必要な書類

まずは本人確認と住所に関する書類

賃貸契約の際には、不動産屋さんに書類を提出します。得体の知れない相手に物件を貸すわけにはいきませんので、身分や住所に関する書類が必要ですね。運転免許証やパスポート、健康保険証などの身分証明書のコピーは必須です。契約時や災害時の本人確認として利用されます。他には住民票が必要です。現住所があるかどうかの確認を行います。住民票は、住んでいる市区町村役所で発行してもらうことができるので、引っ越しの際は用意しておきましょう。

申告通りの収入があるかを確認する書類

身分証明や住所が確認できても、収入がわからない相手に物件を貸すのは憚られますよね。そのため収入証明書が必要になります。一般的には源泉徴収票があれば、それを提出すれば大丈夫です。紛失した場合には勤務先に再発行してもらいましょう。他には課税証明書を住んでいる市区町村役所で発行してもらうことも可能です。職業柄、源泉徴収が行われない場合は、確定申告書でも大丈夫です。それぞれ、安定した収入があるかを見られます。家賃と収入のバランスが重要視され、支払い能力に対して家賃が高いと滞納の恐れがあるため、審査で落ちる可能性があります。物件選びの際は家賃と収入が釣り合っているかも考慮に入れておきましょう。

入居者に代わり責任を負う連帯保証人の書類

その他に、連帯保証人に関する書類も必要となります。万が一、入居者が家賃の支払いを怠った場合などに連帯保証人が責任を負わなくてはなりません。そのため、連帯保証人の収入証明書や確約書、印鑑証明書などが必要となります。収入証明書では入居者の場合と同じように、支払い能力があるかどうかを見られます。確約書は連帯保証人となることへの確認のための書類です。確約書に押す実印は、印鑑証明書を付けて提出しなければいけない場合もあります。印鑑証明書は住んでいる市区町村役所で発行してもらうことができます。

札幌の賃貸マンションは、一戸建てよりも快適に暮らすことができたり、周りの環境も商業施設が近くにあったりと整っています。