失敗しない!マンションのトイレリフォームの気を付ける3つのポイント

掃除のしやすさを重視する

トイレリフォームを行う際には、汚れる事の多いといった点から掃除のしやすい環境を整える事が大切になるんですよ。生活をしている人数が増えるとそれだけトイレも汚れますよね。リフォームをする際には、汚れが付きにくい素材を選ぶ事が必要になります。便器だけではなく、意外と床や壁紙も気付かないうちに汚れている事は多いんですよ。また、トイレ内に手を洗う場所を設ける際には、タオル掛けの位置を意識した配慮を忘れないようにしましょう。

臭いの残らない換気の配置

臭いを気にする方は多くいます。せっかくトイレリフォームを行うのであれば、臭いの残らない環境を作りたいという希望を持っている方も少なくないんですよ。トイレの臭いを抑えるには、換気扇の位置が重要となります。便器が設置されている下から天井に向けて臭いは上がっていくといった特徴を考慮して上部に付ける事が一般的となっています。それでも臭いが気になるといった方の多くは、便器裏の下部にも設置しています。発生した臭いを下部で速やかに吸収して、残った臭いを上部で完全に取り除く事が可能となるんですよ。

トイレの広さを把握しておく

便器の取り替えで忘れがちになるのが、トイレの広さの確認です。意外と多くの方がトイレ内の広さを把握していなかった事で失敗をしているんですよ。オシャレなデザインの便器やゆったりと座る事の出来る便器に交換したい場合でも、大き過ぎる便器を設置してしまうと窮屈なトイレになってしまいますよね。現在、使用しているトイレをサイズを測ってどの程度の大きさまでなら設置しても快適に使用出来るかといった点に注意が必要になります。

賃貸住宅ですが、マンションリフォームは盛んに行われています。壁紙の張替えなどを中心に、電気配線などの変更などの専門的な事柄までリフォームの範囲内です。生活スタイルをよりよくしましょう。