必見!失敗しないための賃貸選びのポイントとは?

外観だけで選ぶと住環境の悪さに後悔することも?

就職や転勤などで賃貸の住居を借りる方の中には、よく考えずに外観だけで選んでしまったがために、住環境の悪さを後悔しているという方もいるでしょう。そんな失敗をしないためにも、賃貸は慎重に選びたいものですが、満足できる環境を求めようとすると値段も上がりがちです。そこで、予算内で理想の住まいを手にいれるには、まず住む場所を選びましょう。一般的には繁華街や駅から遠いほど賃貸は安価となる傾向がありますから、駅まで歩く時間や電車の本数といった条件を総合的に考慮しながら選びましょう。

建物の遮音性を重視する方は鉄筋RC造を選ぼう!

続いて、建物の「質」について話をします。今まで家族で暮らしてきた方が初めて一人暮らしをすると、気になりがちなのが「隣人の物音」でしょう。身内なら気にしなかったことが、知らない他人となると急に気になりうるさく感じるものです。建物の遮音性を知る上で参考となるのは、木造や鉄骨、鉄筋などの構造部分です。物音をできるだけ気にせず暮らしたい方は鉄筋RC造を選ぶのが理想的でしょうが、予算も高くなりますので、建物の新しさや作りを踏まえて候補を絞りましょう。

実際に部屋を見て、他の住人を知ることも大切

数ある賃貸の中から理想の住まいを見つけたら、他人に契約される前に一刻も早く不動産屋に駆け込みたいという方もいるでしょう。しかし、はやる気持ちを抑えて十分に下見をする必要もあります。駅からマンションまで歩いてみて、自分の足でどのくらい時間がかかるのか。実際に部屋に入ることで、サイトの画像と比較して雰囲気に差はないかなどの実感も大切な要素です。また、一人暮らしの方は、隣の世帯が子供がたくさんいたりすると、騒ぎ声がわずらわしく思えることもあるかもしれません。選んだ賃貸の候補について、どんな人が多く住んでいるのかについても不動産屋に聞いてみるなど、住むことを想定しながら選ぶのが理想的な方法なのではないでしょうか。

帯広の賃貸物件はとても多く存在し、取り扱いしている会社も多いので気軽に見学などをしていい物件を探す事ができます。