相続税対策としてやっておくべきことについて

少しでも贈与しておく

贈与をしておくことによって少しでも相続税対策とすることができるようになります。贈与税というのもあるのですが、非課税分が毎年あるからです。毎年ですから、基本的にはこれはやったほうがよいでしょう。不動産の譲り渡しというのは難しいことになりますが、現金であれば非常に簡単にできます。非課税分としては110万円になりますから、これをするとよいでしょう。これは子供の数だけ行うことができます。一人当たりの枠になります。

マンション経営に関することとして

マンション経営というのは、実は相続税対策をすることができるようになっています。評価額が現金ではない、ということになりますから、基本的にはベストであるといえます。何しろ、家作になりますからそこからの利益も期待できるわけです。相続税を節約する方法としてお勧め出来る要素がマンション経営にはあります。但し、さすがに結構な金額になりますから、これは覚悟しておいたほうが良いでしょう。つまりは誰にでもできるわけではない、ということです。

教育資金を出すこともできます

贈与と似たようなことではあるのですが、孫の教育資金を出す、ということがある程度許されています。いくつかの条件がありますから細かいことは税務署や税理士などに相談するとよいでしょう。結局の所、相続というのは直系の卑属に財産をできるだけ税金を抑えることができるのが目標になります。いうまでもありませんが、これがなかなか難しいことになります。しかし、いくつかの方法がありますし、それをよく実行してみるとよいでしょう。

相続税対策のポイントをマスターするために、税理士や公認会計士などのプロのスタッフに相談を欠かさずに行うことが重要です。